山口尚秀のwikiプロフ!知的障害とは?出身高校や大学について調査してみた

東京パラリンピック
スポンサーリンク

東京パラリンピックの男子100メートル平泳ぎにて金メダルを獲得した山口尚秀(やまぐちなおひで)選手が話題になっています。

また金メダルと同時に世界新記録を更新したことでネットでは祝福や賞賛の声が溢れていますね。

東京パラリンピック初出場でこの成績は本当にすごいことですよね。

今回は山口尚秀選手のwikiプロフや知的障害、出身高校や大学についてまとめてみました。

スポンサーリンク

山口尚秀のwikiプロフまとめ

こちらには山口尚秀選手について、wiki風のプロフィールをまとめてみました。

年齢 21歳
生年月日 2000年10月28日
身長 187cm
体重 85kg
出身地 愛媛県
出場種目 100メートルバタフライ

身長が185cmということでとても身体が大きい選手ということが分かります。

山口尚秀の知的障害とは?

結論からお伝えすると、山口尚秀選手の知的障害は“自閉症”ということが分かりました。

山口尚秀選手は3歳の時に知的障害を伴う自閉症と診断されたようです。

保育園に通っていた頃、自閉症と診断された。公園では他の子どもを押しのけたり、パニックを起こしたりする日々。子育てに悩む母由美さん(52)にとって転機となったのが、山口選手と水泳との出合いだった。
—————————————————————————–引用:Yahooニュース

会話が苦手ということで、家庭内でも自分の心情をめったに言葉として発しないそうです。

なので、インタビューなどで口にした「障害者スポーツを知ってほしい」という言葉にご家族は大変驚かれたそうですね。

山口尚秀の出身高校や大学について

小学校から高校までは特別支援学校に通う

結論からお伝えすると、山口尚秀選手は小学校から高校まで“今治特別支援学校”に通っていたことが判明しました。

山口尚秀選手は高校1年の時に岩手県で開催された全国障害者スポーツ大会でメダルを獲得したのを機に、本格的に競泳を始めたようです。

その後は記録を伸ばし続けて2019年の5月に出場した国際大会では100m平泳ぎで銅メダルを獲得しています。

大学には行かず”今治市役所”に就職

結論からお伝えすると、山口尚秀選手は大学へは行かず”今治市役所“に就職したことが判明しました。

現在は“四国ガス”に所属しているようで、日々の仕事をこなしながら週5日のペースでプールに通って練習しているようですね。

2019年9月には、ロンドンで行われた世界パラリンピック水泳100m平泳ぎ知的障害クラスに出場すると”1分4秒95″の世界新記録を樹立して金メダルを獲得しています。

今回の2020東京パラリンピックの時点で世界記録保持者だったということになりますね。

山口尚秀が金メダルを獲得!ネットの反応は?

まとめ

今回は山口尚秀選手のwikiプロフや知的障害、出身高校や大学についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

山口尚秀選手は3歳の時に知的障害を伴う自閉症と診断されたことが分かりました。

また山口尚秀選手は小学校から高校まで今治特別支援学校に通い、大学へは行かず今治市役所に就職しています。

現在は四国ガスに就職し、日々練習に打ち込んでいるようですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました