今村翔吾の経歴や学歴(大学・高校)は?父は今村克彦で結婚はしてる?

テレビ
スポンサーリンク

第166回直木賞にて、今村翔吾さんの歴史小説「塞王の楯」が受賞しましたね!

今村翔吾さんは歴史小説作家として知られ、今回で3度目のノミネートだったみたいですがやっと念願の受賞となったということですね!

また今村翔吾さんは小説だけでなく、去年廃業に危機に陥った大阪の本屋の経営を手伝う傍ら、雑誌や新聞などで8本もの連載をこなしています。

そんな中での受賞なんて本当にすごいことですよね!

今回の記事では以下についてまとめています。

・今村翔吾の経歴や学歴(大学・高校)は?
・今村翔吾の父は今村克彦!
・今村翔吾は結婚してる?

スポンサーリンク

今村翔吾の経歴や学歴(大学・高校)は?

今村翔吾の経歴は?

今村翔吾さん『てらこや青義堂 師匠、走る』 | 小説丸

名前 今村翔吾
生年月日 1984年6月18日
出身地 京都府
年齢 37歳

 

1984年京都府生まれ。滋賀県在住。

ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員と様々な職歴を経て、

専業作家になった独特な経歴の方です。

 

  • 短編『蹴れ、彦五郎』で第十九回伊豆文学賞の小説・随筆・紀行文部門最優秀賞を受賞。
  • 2016年、『狐の城』で第二十三回九州さが大衆文学賞大賞の笹沢左保賞を受賞。
    こちらの作品は、豊臣秀吉の小田原征伐を北条氏規の視点から描いた短編作品です。
  • 2017年、羽州ぼろ鳶組『火喰鳥』でデビューを果たします。
    この作品はのちに啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞。

    「羽州ぼろ鳶組」と「くらまし屋稼業」シリーズは、続々重版中の大人気シリーズみたいですね。

  • 2018年、『童神』で第十回角川春樹小説賞を受賞。

    この時の選考委員だった北方謙三さん、今野敏さん、角川春樹さんからは満場一致の大絶賛を受けて受賞します。

    「童神」は『童の神』と改題され、単行本として刊行されています。多くのメディアで大絶賛され、第160回直木賞候補(2018年下半期)にも入りました。

  • 2020年、『八本目の槍』で第41回吉川英治文学新人賞、第8回野村胡堂文学賞を受賞します。
    また同年『じんかん』で第11回山田風太郎賞受賞。
  • 2021年、大阪府箕面市の書店「きのしたブックセンター」に出資し、廃業の危機にあった事業を引き継ぎます。
  • 2022年『塞王の楯』で第166回直木賞受賞。

今村翔吾の学歴(大学・高校)は?

結論からお伝えすると、今村翔吾さんの学歴(大学・高校)に関する情報は見つかりませんでした。

こちらについてははっきりとした情報が判明しだい追記していきたいと思います。

 

ですが、今村翔吾さんの過去のインタビュー動画からヒントがありました。

  • 中学受験をした
  • 中高一貫の共学の高校に通っていた
  • 奈良駅から徒歩30分くらいの学校
  • 同じ系列の学校が他県にある

これらのヒントをすべて満たす高校が1つあり、奈良育英高校という高校です。

ですが、やはり本人から「奈良育英高校」と口にはしていませんので推測の域を出ません。

今村翔吾の父は今村克彦!

結論からお伝えすると、今村翔吾の父は今村克彦さんということが判明しています。

現在は株式会社「Office REY」の代表として子ども達にダンスを教えてたり、

小学校教諭の経験を活かし課外授業や、コンサートなどを開催しているみたいですね。

学校や家庭に課題や悩みを持つ子どもたちを救いたいと関西京都今村組として、踊りを通して生きなおす場としてダンススクールを運営されているんだとか!

 

今村翔吾さんも父である今村克彦さんの実家のダンススクールを受け継ぎ、

20代の頃はダンスインストラクターとして活動されてたこともあるそうですね。

今村翔吾は結婚してる?

結論からお伝えすると、今村翔吾さんは結婚していないと考えられます。

理由としては、最近の投稿されている写真や画像で今村翔吾さんの左手の薬指に結婚指輪が確認できないからですね。

ただ最近は結婚指輪をしない夫婦もいますので、確実に結婚していないと言い切れないところです。。

今村翔吾さん新刊「塞王の楯」 最強の盾と矛、滋賀で激突:中日 ...

まとめ

今回は「今村翔吾の経歴や学歴(大学・高校)は?父は今村克彦で結婚はしてる?」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました