Saucy Dogのシンデレラボーイが気持ち悪いと言われる理由は?歌詞に原因?

Saucy Dogのシンデレラボーイが気持ち悪いと言われる理由は?歌詞に原因? 音楽

音楽は感情を揺さぶる力を持っており、特定の曲が人々に強い反応を引き起こすことは珍しくありません。Saucy Dogの「シンデレラボーイ」も、そのような曲の一つです。一部の聴き手に、シンデレラボーイは気持ち悪いと感じられることがあるという話を耳にしますが、その背後には何があるのでしょうか。この記事では、その理由を探り、なぜこの曲が特定のリスナーにとって不快感を与えるのかを考察していきます。

Saucy Dog(サウシードッグ)とは?

日本のスリーピースロックバンドで、大阪府出身です。2013年に結成されたこのバンドは、石原慎也(ボーカル・ギター)、秋澤和貴(ベース)、せとゆいか(ドラムス・コーラス)の3人で構成。彼らはMASH A&Rに所属し、A-Sketchレコード会社から音楽をリリースしています。Saucy Dogは、そのキャッチーなメロディと心に響く歌詞で、多くのファンに支持されており、ライブパフォーマンスでも高い評価を受けています。

Saucy Dogのシンデレラボーイが気持ち悪いと言われる理由は?

Saucy Dogの楽曲シンデレラボーイが気持ち悪いと感じる人がいる理由は、歌詞の内容やその表現に共感できない、あるいは逆に共感しすぎてしまうことによるものと考えられます。石原慎也さん自身がこの曲を「気持ち悪い感じ」と表現しており、その意図するところについてSNS上で様々な議論が交わされています。

歌詞やMVが理解できない

歌詞には浮気や複雑な心情が描かれており、方言を使用することで感情が強く表現されている点も、リスナーの反応に影響している可能性があります。また、MVのストーリーやイラストが視聴者の心に響くことも、曲の受け止め方に寄与しているでしょう。

シンデレラボーイが気持ち悪いと言われる歌詞について

Saucy Dogの「シンデレラボーイ」の歌詞は、複雑な感情を描いています。歌詞の中で、愛と裏切り、強い感情の動きが表現されており、特に恋愛関係のもつれや心の葛藤が描かれています。歌詞には、時間が経過するにつれて変化する人間関係の様子や、それに伴う感情の起伏が繊細に綴られているのが特徴です。この曲は、リスナーによっては強い共感を呼ぶ一方で、その生々しさや直接的な表現が不快感を与えることもあるようです。

シンデレラボーイのMVについて

Saucy Dogの「シンデレラボーイ」のミュージックビデオ(MV)は、イラストレーター兼漫画家のますだみくさんが手掛けたストーリー仕立ての作品です。このMVは、女性の視点から描かれた歌詞と連動しており、男女の恋愛模様を表現しています。MVの中では、一緒に暮らしている男性の浮気に気づいた女性の姿が描かれており、歌詞と映像がリンクしていることで、楽曲の世界観をより深く感じられるようになっています。

シンデレラボーイのMVにおける複雑な感情の表現

MVでは、主人公の女性が恋人の浮気に直面し、その複雑な感情が描かれています。歌詞にある「心が追いつかない」というフレーズや、「最低で大好きだった」という矛盾する感情が、MVの中で視覚的に表現されています。また、「死んで」という強い言葉が使われている部分も、主人公の苦悩と憎しみを強調しています。MVは、歌詞の意味を深く考察する上で重要な要素となっており、視聴者にとっては曲の理解を深める手がかりとなるでしょう。

最後に

Saucy Dogの「シンデレラボーイ」は、リアルな感情の描写と生々しい表現で、聴く人によっては強い共感や不快感を覚えるでしょう。この楽曲が一定数に不快に感じられるのは、その直接的な歌詞やMVによるストーリーテリングが、恋愛の痛みや葛藤を余すことなく伝えるからかもしれません。音楽は感情を映し出す鏡のようなものであり、Saucy Dogの「シンデレラボーイ」は、その鏡を通して見る恋愛のリアリティを赤裸々に描いた作品と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました