a.b.c-zが不遇でかわいそう!気持ち悪いとの声も!年収も調査してみた

音楽
スポンサーリンク

A.B.C-Zと言えば、数年前からメディア出演が多くなっているジャニーズの人気グループですよね。

ただA.B.C-Zと検索すると検索サジェストには、「不遇」「かわいそう」などといったキーワードが出てきます。

なぜ、このようなキーワードが出てくるのか不思議ですよね。

今回は、A.B.C-Zに対するイメージや年収についてまとめてみました。

スポンサーリンク

a.b.c-zが不遇でかわいそう!

a.b.c-zと検索すると、検索サジェストには「不遇」「かわいそう」といったキーワードが出てきます。

どうやらa.b.c-zが“遅咲きのグループ”というイメージが要因の1つだと考えられます。

Twitterなどのネットの意見を見ても、やはり遅咲きのグループという印象が強いようです。

a.b.c-zは既に2012年にデビューしていましたが、新曲リリースはCDではなくDVDという特殊な販売の仕方をしていました。

ただ、これはa.b.c-zが歌ただけでなく身体的なパフォーマンスを重視し、あえてCDではなくDVDで販売するという姿勢を貫いてきたためだと思われます。

音楽番組で扱われたり、重視されるのはCDランキングだったため、世間に認知されるのが少し遅かったのだと予想されます。

それゆえに、彼らよりも年下のグループ「Hey!Say!JUMP」が先にデビューしたことで、悔しい思いもしたようですね。

ですが、今やバラエティーや朝の番組などで定期的に見るようになり、幅広い世代に認知されるようになったのでこのまま多方面に活動の場を広げていってほしいですね。

a.b.c-zが気持ち悪い?

ネットにはa.b.c-zに対して「気持ち悪い」「人気ない」という声もあるようです。

検索サジェストには「ひどい」「華がない」といったキーワードも見られました。

ですが、よりグループやアーティストが人気になり知名度が上がっていくと“アンチ”は必ず出現します。

今回の「気持ち悪い」といった意見も目には留まりますが、実際には少数派の意見ですので気にしないのが一番ですね。

a.b.c-zの年収は?

結論からお伝えすると、a.b.c-zの年収についての情報は見つかりませんでした。

塚田僚一がa.b.c-zの月収を暴露?

「女優から学ぶ サイドビジネスの流儀」というテーマの番組内で、流儀の1つとして「月70万円くらいの収入を目指すべし」というものが紹介されました。

これに対し、メンバーの塚田僚一さんがある言及をしています。

「今の僕たちからしてみたら、70万は本業になってしまいますけどね」

さすがにこの発言にはa.b.c-zのメンバーも苦笑いを浮かべるしか無かったようですね。

まとめ

今回はA.B.C-Zに対するイメージや年収についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

a.b.c-zに対する「不遇」「かわいそう」といったネットの意見は、a.b.c-zにが遅咲きのグループというイメージが定着しているのが主な原因のようでした。

また、a.b.c-zに対する「気持ち悪い」「人気がない」という意見は、調べると確かに存在しますが、人気グループになるほどアンチは多くなります。

a.b.c-zが昔に比べ、いまや幅広い世代に認知される人気グループになったことを面白くないと考える人もいるということではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました