山石昌孝社長の家族構成や結婚した妻は?自宅や年収がヤバすぎると話題に!

人物
スポンサーリンク

東証プライムに上場するタイヤ・ゴムメーカー「横浜ゴム」の山石昌孝社長がパパ活を行なっていることが判明しました。

パパ活とは、女性と食事やデートを共にする対価に経済的援助をする行為です。

報道では既婚者でありながらも山石昌孝社長は、現在パパ活をしている相手の女性にかなり入れ揚げているのだそうですね。

一見真面目そうな社長さんのようにも見えますが、人は見た目では判断がつかないということでしょうか。

今回は「山石昌孝社長の家族構成や結婚した妻は?自宅や年収がヤバすぎると話題に!」と題して以下についてまとめています。

・山石昌孝社長の家族構成は?
・山石昌孝社長の結婚した妻は?
・山石昌孝社長の自宅や年収がヤバすぎると話題に!
スポンサーリンク

山石昌孝社長の家族構成は?

山石昌孝社長の家族構成は、結婚された妻と娘さんの3人家族であることが判明しています。

ですが結婚された妻と娘さんについてはおそらく一般人でもあるため情報が見つかりませんでした。

詳細について新しい情報など入りましたら更新します。

 

また、横浜ゴムの公式サイトでは、

「山石氏は読書をしながらイタリア産のスーパートスカーナの赤ワインを飲むことが趣味」

と書かれていました。

とても優雅な暮らしぶりをしていることが伺えますね。

そんな山石昌孝社長は、奥さんともゆったりとした時を楽しんでいるような感じですね。

 

山石昌孝社長の年齢は現在59歳であることから、娘さんも成人されていると予想されます。

大学生または社会人として活躍されている年齢であると予想されます。

また驚くことに妻もこの20代の女子大生の存在を知っているのだそうですね。

ネットでは「マーケット情報や就職のデータを聞いていたということならば不倫関係ではなく健全なリレーションで問題ない」というような主張もあるようです。

山石昌孝社長の自宅や年収がヤバすぎると話題に!

山石昌孝社長の自宅は?

結論からお伝えすると、山石昌孝社長の自宅に関する情報は見つかりませんでした。

 

会社の社長ということからも、かなり立地の良い物件に住まわれていると考えられます。

また横浜ゴムの本社は「〒105-8685 東京都港区新橋5丁目36番11号」です。

現在は移転しており、「神奈川県平塚市追分2番1号 」に本社があるそうですが、今まで本社があった東京都港区に比較的アクセスしやすい場所に住んでいたのではないでしょうか。

こちらについては新しい情報が入り次第更新します。

山石昌孝社長の自宅や年収がヤバすぎると話題に!

山石昌孝社長の年収について気になる方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、山石昌孝社長の年収は「5000千万〜1億円」であると予想されます。

 

まずは東洋経済オンラインにて「役員報酬が多い500社ランキング」という記事によると、

2015年における横浜ゴムの役員平均年収は「5230万円」というデータだったそうですね。

引用:東洋経済オンライン

 

またIR BANKというサイトでは、山石昌孝社長の年収について

「2021年12月期に報酬総額1億4600万の役員として登場」という記載がありました。

引用:IR BANK

このデータによれば2020年は、なんと年収2億円も報酬として貰っていることがわかります。

 

これらのデータから山石昌孝社長の年収は「5000千万〜1億円」であると判明しました。

まとめ

今回は「山石昌孝社長の家族構成や結婚した妻は?自宅や年収がヤバすぎると話題に!」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人物
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました