相馬よよかの小学校はどこ?現在の海外の反応がスゴい!父親や家族についても!

人物
スポンサーリンク

天才ドラマーとして知られている相馬よよか(YOYOKA)さんが、小学校卒業後に海外へ行くということで話題になっていますね。

相馬よよかさんは9歳という若さでニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100人」に選出され、また11歳では世界的なドラムのサイト「ドラマーワールド」の世界トップ500ドラマーに選ばれています。

いずれも史上最年少で選ばれているということですから、疑いようのない本当の天才ということが伝わりますよね!

今回は「相馬よよかの小学校はどこ?現在の海外の反応がスゴい!父親や家族についても!」と題して以下についてまとめています。

・相馬よよかの小学校はどこ?
・相馬よよかの現在の海外の反応がスゴい!
・相馬よよかの父親や家族についても!

スポンサーリンク

相馬よよかの小学校はどこ?

結論からお伝えすると、相馬よよかさんの小学校は「石狩市立生振小学校」ということが判明しています。

相馬よよかさんに関する記事が北海道新聞にて公開されており、小学校の記載がありました。

ユーチューブの動画などを通じ、海外でも「YOYOKA」の名でロックドラムの腕前を知られる石狩市立生振小6年の相馬よよかさん(12)が、中学進学を機に米国移住を計画している。既に米ミュージシャンとの仕事を始めており、コロナ禍に負けず、現地で腕を磨き、世界へ羽ばたく道を見据える。

引用:北海道新聞

このことから、相馬よよかさんの小学校は「石狩市立生振小学校」ということがわかりました。

どこの中学校へ進学する?

結論からお伝えすると、相馬よよかさんがどこの中学校へ進学するのかは明らかにされていません。

情報が見つかりませんでした。

こちらについては新しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

相馬よよかの現在の海外の反応がスゴい!

相馬よよかさんは現在12歳という年齢ですが、海外の反応がスゴいことで話題になっています。

こちらの動画は海外のライブハウスでしょうか。バンドのドラムとして参加し、海外のライブをみにきたお客さんを賑わせていますね!

またドラムの音も力強く、とても12歳の女の子が叩いているなんて想像できません!

また、相馬よよかさんのYouTubeチャンネル「YOYOKAよよか」で公開されている動画は、1年前あたりの再生数が100万回以上のものがほとんどです。

そしてほとんどの動画のコメント欄が海外からのコメントなので、海外には多くのファンがいることがわかります。

 

When Yoyoka does all the drum fills in her own unique way, relaxed and precise, I’m always close to tears(ヨヨカがすべてのドラムフィルを彼女独自の方法でリラックスして正確に行うとき、私はいつも涙を流します)

You have played the Whiskey A Go Go. What a landmark music venue. All of the greats appeared there and you are carrying on that fine tradition. Your performance was amazing. You are a great drummer regardless of age. Congratulations. Those who have following you for many years are so very proud of you. Rock on!!(ウィスキーアゴーゴーをプレイしました。なんと画期的な音楽会場。すべての偉人がそこに現れ、あなたはその素晴らしい伝統を引き継いでいます。あなたのパフォーマンスは素晴らしかった。あなたは年齢に関係なく素晴らしいドラマーです。おめでとう。長年あなたをフォローしている人たちはあなたをとても誇りに思っています。ロックオン!)

I wonder if the people in the audience know how lucky they are to be in Yoyoka’s presence in such an intimate setting.(そんな親密な雰囲気の中で、よよかさんの前にいることがどれほど幸運なことか、聴衆の皆さんは知っているのではないでしょうか。)

Honestly, the drums were the best part!
(正直なところ、ドラムは最高の部分でした!)

相馬よよかの父親や家族についても!

相馬よよかの父親

結論からお伝えすると、相馬よよかさんの父親は「相馬あきふみ」さんです。

札幌を中心に活動するシンガーソングライターとして、ソウルマークイフミー(Soul mArk if me)という名義でソロ活動を行っていたそうです。

自身のスタジオでアーティストのレコーディング・プロデュース・作詞提供などを幅広く活動されています。

主にベースを担当しているようですが、歌、ギター、ドラムなどもできる凄い方みたいですね。

ちなみにこちらに相馬よよかさんの家族で結成された「かねあいよよか」というバンドの写真があります。

お父さんはベースを持ってるイケメンの方ですね!

相馬よよかの母親

結論からお伝えすると、相馬よよかさんの父母親は「相馬りえ」さんです。

上の写真だとギターを持ってる女性の方ですね。

以前は記者関係の仕事をされていたのだそうです。

自宅では「喉が弱い人のためのウォーミングアップレッスン」などをされています。

それは、りえさん自身が喉が弱く幼い頃から好きだった歌が思うように歌えなかったから見たいですね。

治療により現在は回復したとのことで、その経験を同じ困っている方の手助けになればと始めたようです。

相馬よよかの弟

結論からお伝えすると、相馬よよかさんの弟は「相馬しどう」くんです。

弟さんもバンドメンバーの一員なんですね。

楽器は現在練習中みたいです。きっと家族4人でライブをする姿を見るのはそう遠くないですよね。

また可愛い動画もあったので見てみてください。

この投稿をInstagramで見る

Yoyoka(@yoyoka_drums)がシェアした投稿

まとめ

今回は「相馬よよかの小学校はどこ?現在の海外の反応がスゴい!父親や家族についても!」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました