真鍋淑郎のwiki経歴や出身高校は?息子や妻,読み方について調査!

テレビ
スポンサーリンク

真鍋淑郎さんという方がノーベル物理学賞を受賞されましたね。

なんと90歳でノーベル賞を受賞されたということで本当にすごいですよね。

今回の記事では以下についてまとめています。

・真鍋淑郎のwiki経歴や出身高校は?
・真鍋淑郎の息子や妻について
・真鍋淑郎の名前の読み方について
スポンサーリンク

真鍋淑郎のwiki経歴や出身高校は?

真鍋淑郎さんは1931年9月21日に、愛媛県宇摩郡新立村(現:四国中央市新宮町)に生まれました。

真鍋淑郎さんの家は祖父の代から続いていた医院で、村の中で1つしかなかったようですね。

以下、出身小学校から大学までをまとめました。

出身小学校 新宮尋常高等小学校
出身中学校 愛媛県立三島中学校
出身高校 愛媛県立三島高等学校
出身大学 東京大学理学部地球物理学科

大学卒業後は大学院に進み、正野重方教授に師事を受けます。

正野重方さんの著書は、今日でも気象学を学ぶ人たちの必携書とされているようですね。

2021年科学分野の領域を取り扱わないとされていたノーベル賞にて物理学賞を受賞します。

科学分野を取り扱わないノーベル賞に対して、科学分野までを対象としたのがクラフォード賞です。
真鍋淑郎さんの研究は、既に2018年にクラフォード賞で賞を受賞しています。

真鍋淑郎の息子や妻について

結論からお伝えすると、真鍋淑郎さんには息子ではなく娘さんがいらっしゃいました。

娘の名前は真鍋渚(まなべ なぎさ)さんという方のようです。

真鍋渚さんは父・真鍋淑郎さんがプリンストン大学に勤めることになった198年に一緒にプリンストンに移り、プリンストン公立学校に通います。

その後もイェール大学に進学し、卒業後はアナリストとして数年間働きます。

真鍋淑郎の妻について

プリンストン日本人会という団体が主催された「気象学者 真鍋淑郎博士との座談会」のレポート記録にて真鍋淑郎さんの妻に関する情報が記載されていました。

真鍋博士はこれまで数々の賞を受賞されておられますが、2018年には気象学のノーベル賞と言われるクラフォード賞を受賞されました。クラフォード賞とはスエーデンの王立科学アカデミーがノーベル賞が扱わない天文学と数学、地球科学、生物学の分野で功績のあった方に贈られる最高の賞です。

座談会ではどのような経緯で気象学者になられたのか、モデルを産み出すまでのいろいろなエピソード、現在の地球の状況をどう思われるか、今後、地球温暖化による深刻な問題はなんであるのか、今からすぐに実行されるべき対策は?など、参加者の方々にもカジュアルに質問を直接して頂き、奥様にも学者の妻としての苦労話もお話してもらう予定です。
真鍋淑郎さんの妻について、これ以上の情報は見つかりませんでした。
また情報を入手次第更新します。

真鍋淑郎の名前の読み方について

結論からお伝えすると、真鍋淑郎(まなべ しゅくろう)と読みます。

姓の「真」は「眞」の新字体でもあるため、旧字体では眞鍋淑郎とも表記されるようです。

ネットの反応は?

まとめ

今回は、真鍋淑郎さんのwiki経歴や出身高校は?息子や妻,読み方について調査!についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

真鍋淑郎さんのwiki経歴からは、正野重方さんという今日の気象学者の間でも有名な方から師事を受けていたことが分かりました。

また真鍋淑郎さんの出身高校は愛媛県立三島高等学校でした。

真鍋淑郎さんの家族は娘と妻の3人であり、娘もイェール大学に進学するほどのエリートでした。

真鍋淑郎は「まなべしゅくろう」と読み、「真」は新字体のため「眞」を使い「眞鍋淑郎」とも表記することができるようですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました