レミニセンス興行収入は10億円!上映期間や劇場グッズについてまとめてみた

映画
スポンサーリンク

世界的に有名なハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンが主演の映画「レミニセンス」が9月17日に公開ということで話題になっています。

「インターステラー」や「ダークナイト」といった日本でも知られている作品を手掛けたジョナサン・ノーランさんが制作を手掛けていることでも注目を集めています。

また作品の雰囲気が「インセプション」に似ていますが、こちらは兄のクリストファー・ノーランさんが手掛けた作品のようですね。

今回は、映画「レミニセンス」の興行収入や上映期間、劇場グッズやお得情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

レミニセンス興行収入は10億円!

あくまで予想ではありますが、“10億円を越える興行収入”と考えられます。

今回は、本作品の主演を務めるヒュー・ジャックマンが過去に出演した作品の興行収入から予想しています。

<ヒュー・ジャックマン 主演作品 興行収入 >
「X-MEN:アポカリプス」(2016年):興行収入8.5億円
「LOGAN ローガン」(2017年):興行収入7.3億円
「グレイテスト・ショーマン」(2018年):興行収入52.2億円
「フロントランナー」(2019年):興行収入1億未満

過去の作品の興行収入は「グレイテスト・ショーマン」がダントツで52.2億円で、そのほかの作品は10億円前後のようですね。

今はコロナ禍ということからも、「グレイテスト・ショーマン」ほどの興行収入は記録できないのではと予想されます。

したがってレミニセンスの興行収入は、「X-MEN:アポカリプス」や「LOGAN ローガン」が記録した10億円前後ではないかと考えられます。

レミニセンス 興行収入の推移

2021年9月25日(0時時点)
※チケット販売数は、サイト「興行収入を見守りたい」から算出
※興行収入を算出するにあたりチケット1枚の料金は一般の1900円と仮定

日付 チケット販売数 料金 興行収入(チケットのみ)
9/25時点 1900円

レミニセンス上映期間はいつまで?

映画がいつまで上映されるかという“上映期間に決まりはない”です。

一般的には”3ヶ月”とされていますが、その映画の人気や映画館の客層などによって変わってきます。

映画「科捜研の女 劇場版」は2021年9月17日に公開される予定なので、3ヶ月後の“12月中旬までは上映される”と予想されます。

ですが結局これも予想ですので、一番いいのは確実に上映されている期間内に満足するまで鑑賞することだと思います!

レミニセンスの劇場グッズまとめ

現在「レミニセンス」の劇場グッズに関する情報は公開されていません。

新しい情報が入り次第更新します。

【お得情報】レミニセンスを900円で見る方法!

現在映画チケットは一般でも1900円という値段で、正直なところ安いとは言えない値段ですよね。

2021年10月30日に公開される映画「レミニセンス」をより安く見たいと思いませんか。

そのように感じている方にお知らせしたい情報があります。

今なら900円でレミニセンスを鑑賞できます!

31日間無料トライアル中の「U-NEXT」へ新規登録し、600ポイントゲット
(31日以内で契約解除すればお金は発生しません!)

割引チケットを購入
・1500円の割引チケットに600ポイントを使って900円でチケット購入

映画館の座席指定券と引き換える

ネットの反応は?

まとめ

今回は、映画「レミニセンス」の興行収入や上映期間、劇場グッズやお得情報についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

レミニセンスの興行収入は、ヒュー・ジャックマンさんが過去に主演を務めた作品の興行収入から予想すると10億という結果になりました。

上映期間は、一般的な映画と同様に3ヶ月と予想されるので、12月中旬ごろまで放映していると考えられます。

やはり主演がヒュー・ジャックマンということもあり、ネットでは作品に対する期待が大きいことが分かります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました