キャラクター興行収入は40億円!いつまで上映するかも予想!公開後のネットの反応は?

映画
スポンサーリンク

映画「キャラクター」が6月1日に公開されましたね。

映画「20世紀少年」シリーズなど、浦沢直樹作品を数多く手がけてきたストーリー共同制作者、長崎尚志が10年の歳月をかけて練り上げた企画を実写化された作品です。

主演が人気俳優菅田将暉で、かつもう1人の主演には大人気バンド「SEKAI NO OWARI」のFukaseが抜擢されてるということで、公開前から注目されていました。

興行収入や映画館でいつまで上映されるのか気になりますよね。

そこで今回は、映画「キャラクター」の興行収入と上映期間についてまとめました。

スポンサーリンク

キャラクターの興行収入は?

あくまで予想ではありますが、“40億円を越える興行収入”と考えられます。

今回の予想では、本作品主演の菅田将暉さんが過去に主演を務めた作品の興行収入から予想しています。

<浜辺美波さん主演作品 興行収入 >
「となりの怪物くん」(2018年):
興行収入5億
「アルキメデスの大戦」(2019年):興行収入19.3億円
「糸」(2020年):興行収入20.9億円
「花束みたいな恋をした」(2021年):興行収入35億円

菅田将暉さんが主演を務めた最近の作品の中で、一番高い興行収入をたたき出しているのは2021年1月公開の「花束みたいな恋をした」の35億円ですね。

また、菅田将暉さんはここ数年で多くのテレビドラマや映画に出演されていることから、以前より認知され映画の興行収入にもいい影響を与えると考えられます。

となると恐らく最終的な興行収入としても、「花束みたいな恋をした」の興行収入に近い“40億円”を記録するのではないでしょうか。

キャラクター 興行収入の推移

2021年6月12日(0時時点)

※チケット販売数は、サイト「興行収入を見守りたい」から算出
※興行収入を算出するにあたりチケット1枚の料金は一般の1900円と仮定

チケット販売数 料金 興行収入(チケットのみ)
  1900  

キャラクターはいつまで上映?

映画がいつまで上映されるかという“上映期間に決まりはない”です。

一般的には”3ヶ月”とされていますが、その映画の人気や映画館の客層などによって変わってきます。

映画「キャラクター」は6月11日に公開されたばかりなので、3ヶ月後の“9月中旬までは上映される”と予想されます。

ですが結局これも予想ですので、一番いいのは確実に上映されている期間内に満足するまで鑑賞することだと思います!

【お得情報】キャラクターを900円で見る方法!

現在公開されている「キャラクター」をこれから見るという方、またはもう一度見る方とそれぞれいるのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。 今なら900円で「キャラクター」を鑑賞できます!

31日間無料トライアル中の「U-NEXT」へ新規登録し、600ポイントゲット
(31日以内で契約解除すればお金は発生しません!)

割引チケットを購入
・1500円の割引チケットに600ポイントを使って900円でチケット購入

映画館の座席指定券と引き換える

ネットの反応は?

まとめ

今回は、6月11日に公開された映画「キャラクター」についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?
 
興行収入は40億円を越える見込みで、上映期間については3か月後の9月中旬までは上映していると思われます!
 
今人気俳優である菅田将暉さんが主演かつ、ネットでも「楽しみ!」や「面白かった」といった声が多かったので面白そうなのは間違いなさそうです!
 
興行収入もどのくらいまでいくのか楽しみですね。
 
最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました