安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンションで地図や間取りは?

ニュース
スポンサーリンク

安倍晋三元首相の遺骨が7月12日に東京都渋谷区の自宅に戻ったというニュースが報道されましたね。

元総理の自宅ということもあり、かなりの豪邸に住んでいたのでは?と気になっていた方も多いのではないでしょうか。

今回は「安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンションで地図や間取りは?」と題して以下についてまとめています。

・安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンション?
・安倍晋三の自宅の地図は?
・安倍晋三の自宅の間取りは?

スポンサーリンク

安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンション?

結論からお伝えすると、安倍晋三さんの自宅は渋谷区富ヶ谷のマンション「富ヶ谷ハイム」であることが判明しています。

2022年7月8日の安倍晋三さんが銃撃された当日、報道局の中継が安倍晋三さんの自宅前からされていました。

この時に安倍晋三さんの自宅にカメラがクローズアップし、そこには「Tomigaya Heim」と記載されています。

ストリートビューでも確認しましたが、テレビの中継で映った渋谷区富ヶ谷のマンションの外観とも一致しています。

このことから安倍晋三さんの自宅は渋谷区富ヶ谷のマンション「富ヶ谷ハイム」であると言えそうです。

安倍晋三の自宅の地図は?

安倍晋三さんの自宅についての地図はこちらになります。

住所としての記載は以下の通りです。

  • 〒151-0063
  • 東京都渋谷区富ケ谷1丁目30−29

緑豊かで閑静な富ヶ谷の住宅街に建つ高級賃貸マンションとして知られています。

また富ヶ谷ハイムを取り扱っている物件サイトでは次のような紹介をしています。

とりある敷地に佇む重厚感あるファサード。100㎡超えのファミリーサイズの綺麗なレイアウトで開放感有る居住空間。
バルコニーからは敷地内に植栽されたグリーンビューが楽しめます。駐車場は平置タイプで大型車が駐車可能です。

また近くには東京メトロ千代田線など走っており、最寄りの駅は次の通りです。

  • 東京メトロ千代田線  『代々木公園駅』  徒歩7分
  • 小田急小田原線  『代々木八幡駅』  徒歩7分

安倍晋三の自宅の間取りは?

安倍晋三の自宅の間取りはこちらの画像の通りになっています。

一般的なリビング(LDK)の広さは16〜20畳ですので、リビングはかなり広いことが分かります。

ですがその他のベッドルームなどの間取りは一般的な広さと変わらないみたいですね。

間取りの詳細や家賃などの情報は以下の通りです。

  • 敷金:165万円
  • 礼金:55万円
  • 間取り:3LDK
  • 広さ:152.06m²
  • 階建:***/3階建
  • 築年数:築23年 / 1999年 (平成11年) 4月
  • 住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-30-29
  • 間取り / 専有面積
  • 3LDK / 152.06m²
  • 間取り詳細:洋室 14.6畳,洋室 7.9畳,洋室 7.9畳
  • 向き:南東
  • 室内設備:温水洗浄便座,バス・トイレ別,洗面所独立,ウォークインクローゼット,角部屋
  • 賃料(家賃):550,000円
  • 管理費:0円
  • 敷金:1,650,000円
  • 礼金:550,000円
  • 保証金:-
  • 仲介手数料:0.5ヶ月(275,000円)

今回は「安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンションで地図や間取りは?」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

安倍晋三の自宅は渋谷区富ヶ谷のマンション「富ヶ谷ハイム」ということが判明しましたね。

安倍晋三の自宅の地図は上記の通りで、渋谷区富ヶ谷の住宅街にマンションがあり、近くには東京メトロ千代田線など走っているため交通の便も良さそうな立地です。

安倍晋三の自宅の間取りについては3LDKですが、リビングの広さが一般的な物件とは違いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ニュース
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました