泉田裕彦議員の学歴(高校大学)は?評判や結婚についても!

ニュース
スポンサーリンク

泉田裕彦議員が衆院選で立候補した際に、「裏金を要求された」と発言し話題になっていますね。

今回の記事では以下についてまとめています。

・泉田裕彦議員の学歴(高校大学)は?
・泉田裕彦議員の評判は?
・泉田裕彦議員の結婚についても!
スポンサーリンク

泉田裕彦議員の学歴(高校大学)は?

結論からお伝えすると、泉田裕彦議員の学歴(高校大学)は以下のとおりです。

○出身高校:新潟県立三条高校
○出身大学:京都大学法学部

泉田裕彦議員の出身高校:新潟県立三条高校

全国偏差値がなんと60もある高校なんですね。

大小体育館、広大なグラウンド、トレーニングルーム、教室、自習室、図書館など部活動や勉強に取り組みやすい環境が整っているようです。

平成31年の卒業生の進路先を確認すると、泉田裕彦議員が進学したとされる京都大学には1人進学していることが分かりました!

国立大学には合計で88人の生徒が進学しているのは、全国でもレベルが高い進学校という証ですね。

また新潟県立三条高校の卒業生には、西村智奈美さんや漆原良夫さんなどがいます。

泉田裕彦議員の出身大学:京都大学法学部

 

大学全体の偏差値は60~72くらいで、泉田裕彦議員が在学した法学部は67.5もあるそうです!
大学時代に法学部に進学したということは、もともと政界を志していたということなのでしょうか。
京都大学のOBとして、政治家では前原誠司さんがいらっしゃるようですね。

泉田裕彦議員の評判は?

泉田裕彦議員の評判を確認する上で、参考になりそうな出来事がありました。

2013年2月14日、三条市・柏崎市が行った東日本大震災によって発生した瓦礫の焼却処理について、

過去に水俣病が発生した時は、原因企業の関係者が刑事的責任を問われたことに言及しました。
「健康被害を受ける人が出ると傷害。
それによって亡くなれば傷害致死と言いたいが、分かっていてやったら殺人に近い」
というような言葉で批判しました。
これは会見でも報道されたようで、ただ単にその報道を観た人からは言葉遣いなどから評判に悪い影響を与えたようです。
ですが、もともと地元自治体との公害防止協定がされてる中で先に市が瓦礫の焼却処理をしてしまったようです。
受け入れ撤回の署名運動をする市民団体に連動するかたちで、泉田裕彦議員も受け入れ反対の表明を出しました。
ですので市民団体や自治体など地元の団体からの評判は良好みたいです。

泉田裕彦議員の結婚についても!

泉田裕彦議員の結婚についてですが、田村安都子さんという方と結婚されています。

田村安都子さんは、三豊企業会長である田村秀雄さんと福島冨美子さんの長女にあたる方のようです。

ちなみに田村安都子さんと思われる画像などは見つかりませんでした。

 

泉田裕彦議員には田村安都子さんとの間に娘さんが1人いらっしゃるようですね。

2010年の時点で高校生だったので、いまはご結婚されててもおかしくない年齢ですね。

まとめ

今回は「泉田裕彦議員の学歴(高校大学)は?評判や結婚についても!」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

泉田裕彦議員の学歴は、高校が新潟県立三条高校、大学が京都大学法学部ということが分かりました。

泉田裕彦議員は、地元の団体や市民からの評判は良好みたいですね。

泉田裕彦議員は田村安都子さんという方と結婚されていて、今は20代になったと思われる娘さんが1人いらっしゃいます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました