竜とそばかすの姫興行収入は50億円!上映期間や公開後のネットの反応は?

映画
スポンサーリンク

映画「竜とそばかすの姫」が7月16日に公開されましたね。

「サマーウォーズ」「時をかける少女」「未来のミライ」など多くのアニメーション映画作品を手掛けてきた細田守監督の3年振りとなる新作アニメーション映画です。

夏といえば細田守監督作品と言われるほどですので、公開前より注目されていました。

興行収入や映画館でいつまで上映されるのか気になりますよね。

そこで今回は、映画「竜とそばかすの姫」の興行収入と上映期間についてまとめました。

スポンサーリンク

竜とそばかすの姫の興行収入は?

あくまで予想ではありますが、“50億円を越える興行収入”と考えられます。

ここ最近の細田守監督作品の中で一番の興行収入を記録したのは、「バケモノの子」の58.8億円です。

今回の「竜とそばかすの姫」のジャンルが似ているということもあり、50億円を記録するのではないかと考えられます。

今回の予想では、過去の細田守監督作品の興行収入から予想しています。

<細田守監督作品 興行収入 >
「おおかみこどもの雨と雪」(2012年):興行収入42.2億円
「バケモノの子」(2015年):興行収入58.8億円
「未来のミライ」(2018年):興行収入28.8億円

竜とそばかすの姫 興行収入の推移

2021年9月4日(0時時点)

※チケット販売数は、サイト「興行収入を見守りたい」から算出
※興行収入を算出するにあたりチケット1枚の料金は一般の1900円と仮定

チケット販売数 料金 興行収入(チケットのみ)
3,351,659 1900 6,368,152,100 (63億6815万) 

竜とそばかすの姫は上映期間はいつまで?

映画がいつまで上映されるかという“上映期間に決まりはない”です。

一般的には”3ヶ月”とされていますが、その映画の人気や映画館の客層などによって変わってきます。

映画「竜とそばかすの姫」は6月11日に公開されたばかりなので、3ヶ月後の“9月中旬までは上映される”と予想されます。

ですが結局これも予想ですので、一番いいのは確実に上映されている期間内に満足するまで鑑賞することだと思います!

【お得情報】竜とそばかすの姫を900円で見る方法!

現在公開されている「竜とそばかすの姫」をこれから見るという方、またはもう一度見る方とそれぞれいるのではないでしょうか。

そんな方に朗報です。 今なら900円で「竜とそばかすの姫」を鑑賞できます!

31日間無料トライアル中の「U-NEXT」へ新規登録し、600ポイントゲット
(31日以内で契約解除すればお金は発生しません!)

割引チケットを購入
・1500円の割引チケットに600ポイントを使って900円でチケット購入

映画館の座席指定券と引き換える

ネットの反応は?

まとめ

今回は、映画「竜とそばかすの姫」の興行収入や公開期間などまとめましたがいかがでしたでしょうか?

竜とそばかすの姫の興行収入の予想は50億円ではないかと思われます。

また、竜とそばかすの姫は約3ヶ月先の11月上旬まで放映すると考えられます。

ネットの反応は、鑑賞を楽しみにしている人や映画をみて泣いた人がいましたね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました