青の祓魔師の休載はいつまで?理由は?再開は何号か調べてみた

漫画
スポンサーリンク

ジャンプスクエアにて連載中の「青の祓魔師」が長期の連載休止になることが発表されました。

ジャンプ作品の中でも今たいへん人気の作品のため、突然の発表を受けて衝撃を受けた声や悲しみの声が多くネットで上がりました。

突然の発表だったため、休載の理由や期間、作者が実は病気にかかってしまったのではないかと心配してしまいますよね。

今回は、青の祓魔師の休載がいつまでなのかや救済の理由、作者の現在の状況などについてまとめました。

スポンサーリンク

青の祓魔師の休載はいつまで?

結論からお伝えすると、青の祓魔師は“8カ月後の2022年4月まで休載する”との発表がありました。

青の祓魔師休載に関しての報道では、以下のような文章がありました。

「SQ.本誌や公式Twitterをご覧の方はすでにご存知かもですが、ジャンプSQ.での青エクの連載を勝手ながら8ヶ月間休載します。本当に申し訳ありません…!!」

「その間、小野不由美先生原作小説“営繕かるかや怪異譚”を漫画化させていただけることになりました。9月発売10月号から約半年です。
私自身、小野不由美先生のご本が大好きなので、夢のような企画です…!!」

どうやら青の祓魔師の休載期間中は、「営繕かるかや怪異譚」という作品を約半年連載する予定のようですね。

休載期間中もお仕事をされるということは健康的な理由での休載というわけではないのでしょうか。

青の祓魔師の休載の理由は?

結論からお伝えすると、作者の“加藤和恵さんの疲れによる疲労”と考えられます。

今回の長期休載についての加藤和恵さん本人のツイッターでのコメントがこちら。

「青エクも今、描いてて凄く面白いところなので、本当は休まず2作同時連載など出来たらよ    かったんですが…身体がバラバラになってしまうかもしれないので、無茶せずに半年強お休みいただいて暫く「かるかや」に集中させてもらいます!

調べてみると、今年の2月にも青の祓魔師は2ヶ月の休載をしていたようですね。

「急なお知らせで申し訳ありません。2ヶ月の長めのお休みをいただきます!
理由は、シンプルに12年分の疲れが爆発してしまったもので、体調不良というわけではあり    ません。現在は休暇中で、とても元気に過ごさせてもらってます。」

作者加藤和恵さんの公式コメントから総合的に考えて、連載開始からの12年の疲労が蓄積してしまったことが今回の長期休載の理由となりそうですね。

青の祓魔師の再開は何号かについて

結論からお伝えすると、青の祓魔師の連載再開は“来年4月発売のSQ5月号”ということが判明しています。

こちらは「青の祓魔師」公式Twitterより投稿がありました。

再開は来年5月号を予定しております。『青の祓魔師』はまだまだ続きますので、今後とも変わらぬご支援をどうぞよろしくお願いします。」

まとめ

今回は、青の祓魔師の休載がいつまでなのかや理由、連載再開がいつなのかについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

青の祓魔師の休載期間は「8カ月」とされていて、2022年の4月までということが判明しています。

また休載理由については、加藤和恵さんの公式Twitterにも投稿されてる通り「12年分の疲れ」が蓄積してしまったためです。

連載再開は2022年の5月号からということで、これを機にゆっくり休んでいただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

漫画
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました