中島哲也のハラスメントがヤバい!被害を受けた女優は引退して内容がひどいと話題に!

エンタメ
スポンサーリンク

また映画監督に関する話題で文春砲が放たれましたね。

中島哲也監督が過去の作品で女優に対して「不都合な部分はカットする」と話したのにも関わらず、女優のバストトップを映したまま試写会公開してしまったそうです。

この女優さんはすでに芸能界を引退されている方ですが、そのほかにもハラスメントとも受け取れるようなことを受けた女優さんがほかにもいるみたいです。

今回は「中島哲也のハラスメントがヤバい!被害を受けた女優は引退して内容がひどいと話題に!」と題して以下についてまとめています。

・中島哲也ハラスメントまとめ!
・中島哲也ハラスメントまとめ!被害を受けた女優は引退して内容がやばいと話題に!

スポンサーリンク

中島哲也ハラスメントがヤバい!

まずは中島哲也監督がこれまで女優にしてきたハラスメントと受け取れるような内容についてまとめています。

小松菜奈

『渇き。』にデビュー作品として出演した小松菜奈さんは、中島監督の現場で涙したそうですね。

中島監督から何度も『下手くそ!』と叱られたり、何度もダメ出しが入ったのだそう。

「どうしたら私に加奈子が演じられるんだろう?」と考えてしまい、思わず現場で泣いてしまったのだそうです。

当時の現場でのプレッシャーや、感じていたことについてこう語られています。

「一本引かれた線の上を歩かなければならない重さみたいなものがあって、中島監督から『女優を続けていくの?』と聞かれても、何も答えられませんでした」

引用:日刊大衆

 

ですが、中島監督に対して「怖い」と感じたことはなかったと話しています。

「確かに厳しいことをおっしゃいますが、全て正しいんです。それが愛だと思うので、わたしは幸せだと感じていました。できないことが悔しくて泣いたことはありますが、監督が怖くて泣いたことはありません。それに、二人でいる時には『最近どうなの?』『楽しくやってるの?』と声をかけてくださって、すごく優しいんですよ。なので、お会いしていない時も『お元気かな』と気にしていますし、お父さんのような存在です」

引用:日刊大衆

 

涙したのは自分が求められてる演技ができない葛藤や悔しさだったのですね。

中谷美紀

女優の中谷美紀さんも中島哲也監督からハラスメントに該当するような暴言を吐かれています。

  • 「女優を辞めろ!」
  • 「○してやる!」
  • 顔が気持ち悪い

このような言葉を浴びせられ続けられ、なかなか寝付くことが出来ずに睡眠時間が1時間という日々が続いたこともあったのだそうです。

結果精神的に追い詰められてしまい、職場を放棄するまでの事態に発展してしまったそうですね。

 

しかし中谷美紀さんはこの作品で高い評価を受けて、日本アカデミー賞主演女優賞、報知映画賞、キネマ旬報ベスト・テン、毎日映画コンクールなど、2006年の主演女優賞をほとんど総なめにしました。

今では当時の厳しい指導について感謝していると語られています。

 

「監督の口癖は『クソ』『ぶっ殺す』でしたよね」とぶっちゃけ。「でもこう見えてシャイで弱いところがあって、実は良い方。当時、わたしは未熟にもかかわらず演出に歯向かったりしていましたが、小松(菜奈)さんは力が抜けていて、監督が望んでいるのはこういう感じだったのかなって思いました。でも今はとても感謝しているんですよ。

引用:日刊大衆

また別のインタビュー誌では「思い出深い……何かの折に思い出す作品ですし、一生、私の原点になる作品と断言しています」と話されていました。

深田恭子

深田は、映画のPRイベントで「中島監督は現場ではとても怖い監督でしたから……現場では監督も、(土屋)アンナもずっと怒っているし。本当に大変でした(笑)。思い出深い大切な作品となりました」と撮影を振り返っていた。

中島哲也の被害を受けた女優は引退していた!

前述した通り、複数の女優さんが中島哲也監督からハラスメントとも取れる内容の被害を受けていましたね。

ですがその厳しい指導を今は感謝している女優さんがいる一方、中島哲也監督の作品に出演し芸能界を引退している方もいらっしゃいました。

その女優は「乾き。」に出演されていた方で派谷恵美(はたちやめぐみ)さんという女優さんです。

『週刊文春』によると、その後の関係者100名近くが見る試写でバストトップが露出したシーンを晒された派谷さんは、大きなショックを受け自殺未遂を測ってしまわれたそうです。

 

派谷恵美(はたちやめぐみ)さんは以下のサイトにて、当時制作側がバストトップを露出することを事前に共有しないで強要したことや、編集カットすると言ったのにも関わらずそのまま映画を公開したことについて告発しています。

週刊文春掲載の記事について|A子|note
【はじめに】 ご理解いただきたいのですが、私は既に女優を引退しております。 二度と女優に復帰するつもりはありませんし、このようなことで注目を集めて名を売りたいなどとは考えていません。 記事の内容から、私が誰であるか容易に特定されることは承知しておりますが、私の名前や画像を拡散することはおやめください。 映画公開時、私...

ネットの反応

まとめ

今回は「中島哲也のハラスメントがヤバい!被害を受けた女優は引退して内容がひどいと話題に!」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

エンタメ
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました