アーヤと魔女興行収入は40億円!いつまで上映?ネットの反応は?

映画
スポンサーリンク

映画「アーヤと魔女」が8月27日に公開されましたね。

スタジオジブリの作品ですが、アーヤと魔女は宮崎駿さんの息子である宮崎吾郎さんが監督を務めた作品となっています。

1度地上波で放送されましたが、評価や反応が良かったため映画館上映が決まったものと予想され、期待値が大きい作品ということが分かります。

興行収入や映画館でいつまで上映されるのか気になりますよね。

そこで今回は、映画「アーヤと魔女」の興行収入と上映期間、ネットの反応についてまとめました。

スポンサーリンク

アーヤと魔女の興行収入は?

あくまで予想ではありますが、“40億円を越える興行収入”と考えられます。

今回の予想では、本作品の監督である宮崎吾郎さんが過去に監督を務めた作品の興行収入から予想しています。

<宮崎吾郎監督作品 興行収入 >
「ゲド戦記」(2006年):興行収入78.4億円
「コクリコ坂から」(2011年):興行収入44.6億円

ゲド戦記の原作は海外の小説であったため、日本のみならず海外の方も多く観賞したものと考えられます。

今回のアーヤと魔女の知名度としては「コクリコ坂から」が一番近いと考えられ、興行収入が44.6億円ということから、アーヤと魔女も40億円の予想となっています。

アーヤと魔女 興行収入の推移

2021年9月18日(0時時点)
※チケット販売数は、サイト「興行収入を見守りたい」から算出
※興行収入を算出するにあたりチケット1枚の料金は一般の1900円と仮定

日付 チケット販売数 料金 興行収入(チケットのみ)
9/3時点 136,807 1900 259,933,300(2億5993万)
9/11時点 196,334 1900 373,034,600(3億7303万)
9/18時点 226,392 1900 430,144,800(4億3014万)

アーヤと魔女はいつまで上映?

映画がいつまで上映されるかという“上映期間に決まりはない”です。

一般的には”3ヶ月”とされていますが、その映画の人気や映画館の客層などによって変わってきます。

映画「アーヤと魔女」は2021年8月27日に公開されたばかりなので、3ヶ月後の“12月上旬までは上映される”と予想されます。

ですが結局これも予想ですので、一番いいのは確実に上映されている期間内に満足するまで鑑賞することだと思います!

【お得情報】アーヤと魔女を900円で見る方法!

現在公開されている「アーヤと魔女」をこれから見るという方、またはもう一度見る方とそれぞれいるのではないでしょうか。 そんな方に朗報です。

今なら900円で「アーヤと魔女」を鑑賞できます!

31日間無料トライアル中の「U-NEXT」へ新規登録し、600ポイントゲット
(31日以内で契約解除すればお金は発生しません!)

割引チケットを購入
・1500円の割引チケットに600ポイントを使って900円でチケット購入

映画館の座席指定券と引き換える

ネットの反応は?

 
 
 

まとめ

今回は映画「アーヤと魔女」の興行収入と上映期間、ネットの反応についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

アーヤと魔女の興行収入はおよそ40億円という予想結果となり、これは宮崎吾郎監督の「コクリコ坂から」に近い興行収入です。

アーヤと魔女の上映期間は、公開された8月27日から約3ヶ月後の12月上旬まで上映されると考えられます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

映画
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました