森喜朗の現在の役職は議員なの?今の体調や入院先の病院はどこかについても調査!

ニュース
スポンサーリンク

森喜朗元首相が安倍晋三元首相が亡くなられた2日後に倒れ、集中治療室に運ばれていたことが判明しました。

今回はそんな森喜朗元首相についてまとめました。

今回は「森喜朗の現在の役職は議員なの?今の体調や入院先の病院はどこかについても調査!」と題して以下についてまとめています。

・森喜朗の現在の役職は議員なの?
・森喜朗の今の体調は?
・森喜朗の入院先の病院はどこかについても調査!

スポンサーリンク

森喜朗の現在の役職は議員なの?

結論からお伝えすると、森喜朗元首相の現在の役職は議員ではありません。

すでに議員という公職からは退いている方で、森喜朗元首相の現在の職は以下の通りです。

  • 日本ラグビーフットボール協会名誉会長
  • 日本トップリーグ連携機構名誉会長
  • 日本体育協会最高顧問
  • 全国経理教育協会名誉会長
  • 日本水フォーラム会長
  • アジア・太平洋水フォーラム会長

こちらの現職は全て無報酬の名誉職なのだそうですね。

このことから森喜朗元首相の現在の役職は議員でないことが分かります。

議員としての最終歴は内閣首相だったそうで、退任後も安倍晋三さんの就任直後までは派閥会長として、派閥会長退任後も名誉会長として陰から支えていた人物です。

また安倍派は自民党最大派閥として知られていますが、安倍元首相が亡くなった後、森喜朗元首相は実質的な最高権力者であり、安倍派のドンとも言われていました。

森喜朗の今の体調は?

安倍晋三元首相が凶弾に倒れた2日後、森喜朗元首相が集中治療室へ運ばれたことが判明しています。

結果的に今は報道誌のインタビューに答えているので、回復に向かっていることと予想されますが、集中治療室で一晩治療を受けたのですから油断ならない状態なのではないでしょうか。

「(7月10日・参院選開票日の夜に)こともあろうに私は風呂場で倒れるんだよ。初めて救急車に乗せられて病院に運ばれた。風呂場だから真っ裸で血だらけ。半分無意識で救急車に揺られたりしているときに思ったのは、これは相当やばい」

「サイレンが鳴る救急車に乗せられて搬送される途中でなんとなく気を失った。集中治療室に一晩入れられたから、翌日の安倍さんのお通夜にはいけなかった」

安倍派の最高権力者、安倍派のドンとも言われてるくらいですから、安倍晋三元首相が亡くなられたという知らせには衝撃を受けたことと思います。

倒れたのも安倍晋三元首相が凶弾に倒れた2日後ということですから、普段多くの職務を抱えている中で安倍晋三元首相の知らせが重なり精神的なショックが大きかったのかもしれませんね。

森喜朗の入院先の病院はどこかについても調査!

結論からお伝えすると、森喜朗元首相の入院先の病院はどこかについては不明です。

ですが、総合病院の玉川病院の可能性が考えられます。

複数のサイトにて、森喜朗元首相の自宅が「〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4丁目9−16」という情報がありました。

この近くで集中治療室が整備されている病院を検索すると、玉川病院がヒットしました。

  • 〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-8-1
  • 東急田園都市線用賀駅、二子玉川駅、大井町線上野毛駅より車で10分

こちらは総合病院ということで、24時間体制の集中治療室があるそうです。

この病院と断言はできませんが、少なくとも可能性としては考えられそうですね。

まとめ

今回は「森喜朗の現在の役職は議員なの?今の体調や入院先の病院はどこかについても調査!」と題してまとめましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ニュース
yuno3110をフォローする
PlayFieldなブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました