W-KEYAKI FES 7月11日チケット倍率を予想!当選結果はいつ?ネット配信についても

ライブ
スポンサーリンク

アイドルグループ「櫻坂46」と「日向坂46」が、7月9~11日の3日間、富士急ハイランド・コニファーフォレスト(山梨県富士吉田市)で合同野外ライブ「W-KEYAKI FES. 2021」を開催することが決定しましたね。

欅坂46から改名した「櫻坂46」と、欅坂46の“アンダーグループ”けやき坂46(ひらがなけやき)から誕生した日向坂46が、欅坂46のライブの“聖地”富士急ハイランドに集結します。

初の合同ライブということで、ネットでは大きな盛り上がりを見せています。

今回はそんな「櫻坂46」と「日向坂46」の合同ライブについてまとめました。

スポンサーリンク

7月11日 W-KEYAKI FESのチケット倍率は?

結論からお伝えすると、7月11日のW-KEYAKI FESの“正確な倍率については分かりませんでした。”

正確な倍率を出すには、日向坂46と欅坂46の両方のファンクラブの会員数を知る必要がありますが、会員数の情報は公開されていません。

ですが日本を代表するアイドルグループですので、倍率はとてつもなく高そうですね。

Twitter公式アカウントのフォロワー数から倍率を予想!

ファンクラブ会員数が分からないため、今回はTwitterの日向坂46と欅坂46の公式アカウントのフォロワー数からチケット倍率を予想したいと思います。

現在、日向坂46の公式アカウントのフォロワー数は“195万人”です。

対して、欅坂46の公式アカウントのフォロワー数は“119万人”です。

ファンクラブの会員数は公式フォロワー数の“6割”と仮定します。

<ファンクラブ会員数>
日向坂46:
1950000 × 0.6 =117(万人)
 欅坂46:
1190000 × 0.6 =71.4(万人)

また、以下2点について考慮して計算を行います。

  1. ファンクラブ全会員がチケット応募する可能性は低い
    →日向坂、欅坂それぞれのファンクラブ会員数の8割が応募すると仮定
  2. 1人2枚まで応募可能
  3. 応募枠数は、富士急ハイランド・コニファーフォレスト最大収容数とする
    →約20000枠

では、7月11日のW-KEYAKI FESの倍率はいくらになるでしょうか?

チケット倍率:{(117万 × 0.8) + (71.4万 × 0.8)} × 2 ÷ 20000 = “約150.7(倍)”

簡単な計算となってしまいますが、日向坂46と欅坂46が合同で出演する7月11日の当選倍率は150.7倍と予想される結果となりました!

7月11日 W-KEYAKI FESの当選結果はいつ?

こちらについては、欅坂46の公式サイトに記載がありました。

画像引用:欅坂46公式サイト

抽選受付期間:2021年5月29日(土)12:00 ~ 2021年6月1日(火)23:59

当選結果期間2021年6月4日(金)夕方~

7月11日 W-KEYAKI FESのネット配信はある?

W-KEYAKI FESのネット配信があるかに関する情報は、ネット上で見つかりませんでした。

開催日程である7月に、今のコロナウィルスの状況がどうなっているかでネット配信の有無にかかわってくる可能性が考えられます。

こちらについては、最新の情報が入り次第更新していきたいと思います。

W-KEYAKI FES ネットの反応は?

まとめ

今回は、「櫻坂46」と「日向坂46」の合同ライブW-KEYAKI FESの3日目についてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

日向坂46欅坂46両グループが出演する7月11日の倍率は、簡単ではありますが”約150.7倍”という結果となりました。

また、当選結果は2021年6月4日(金)の夕方以降~とのことでした。

ネット配信に関する情報は見つけることが出来ませんでしたが、昨今のコロナウィルスの状況次第で変わってくるかと思いますので、新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました